読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水色あひるblog

はてなダイアリー 「mizuiro_ahiruの日記」 から引っ越しました。

台風襲来 一方その頃、台湾では

日本

気象庁は15日午前、記者会見し「関東に接近、上陸する台風としては10年に一度の強い勢力」として、西日本から北日本の広い範囲で暴風や高波、大雨に警戒するよう呼びかけた。
日本経済新聞 2013/10/15 12:54

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1501Z_V11C13A0CC0000/

日本人の対応

大型で強い台風26号の接近に伴い、東京都内のホテルは出勤が困難になることに備えた人たちなどの予約で、満室になるところが増えています。
このうち東京・渋谷の渋谷東武ホテルでも、およそ200室ある部屋がすでに予約で満室になっています。(中略)
渋谷東武ホテルの稲生篤史さんは「通常、連休明けは空室が多いのですが、台風の接近に伴い、きのうの昼ごろから予約の問い合わせが増えてきて、けさも電話が鳴りやまない状況です」と話していました。
NHK 首都圏NEWS WEB 10月15日 13時52分

http://www.nhk.or.jp/shutoken-news/20131015/5273961.html

一方、台湾では

【台湾ブログ】驚いた!日本の社会人に台風休暇がない現実
 「アジアの先進国である日本に、台風休暇がないなんて……」(中略)台湾の50代男性・鶏音荘家(ハンドルネーム)さんは、台風休暇がない日本の状況を皮肉を交えて挙げた。(中略)
「社員が休まないので、人件費は無駄にならない。何があっても自己責任」(中略)
「サラリーマンは大変! 電車が動いていれば、どんな状態であろうか絶対に出社しなければならない」と述べ、「僕は会社から2駅の近場に住んでいるが、“歩いて出社”と社長に命令された」と実体験をつづった。「日本政府は台風休暇を推奨することなく、すべて会社任せだ」とチクリと刺した。(中略)
実際に台風の日に出勤し、「人であふれたホームで服はびしょ濡れ。事務所に行くまでに疲れ果ててしまった」という鶏音荘家さん。とてもつらかったようだが、「台風でもスーパーやデパートは通常営業していた。従業員は大丈夫だろうか……」と心配になったという。そして「どんな状態でも出社するのが日本人! いつかかってくるのか分からない電話を、事務所で待ち受けているのだ」と、不思議がりながらも「その精神はすごい!」と褒めている。
Searchina 2013/09/27(金) 12:37

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0927&f=national_0927_034.shtml

参考 wikipedia:自然災害休業休校措置法

自然災害休業休校措置法(しぜんさいがいきゅうぎょうきゅうこうそちほう)は台湾の法令。天災発生時の政府対応策の一つで、政府機関が臨時休業、休校を宣言することで市民の生命及び財産を保護することを目的に制定された法律であり、自然災害による休暇の基準となっている。台風の季節には政府に拠り休業休校措置が宣言、有給での休業が実施され、颱風假(台風休日)と称されている。

参考2:こんなサイトもありました。台湾の「台風休み」について 台湾ライフ質問箱2006-06-12


「アジアの先進国」の一国民としましては、本来なら政府に宣言してもらわなくても、個人の良識ある判断で休むことができて欲しいと思いますが・・・。道は遠い。