読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水色あひるblog

はてなダイアリー 「mizuiro_ahiruの日記」 から引っ越しました。

AEONの本気を見せて欲しい

昨日AEONに買い物に行くと店内に張り紙があり、「当面、食品売り場以外は21時で繰り上げ閉店します」という趣旨のことが書いていありました。21時。理由は「節電のため」だそうです。節電?。3月14日以降4月末まで予定されている計画停電の対象時刻が22時までになっているのは、電力需要のピークがおおむね21時頃までで、遅くとも22時までには電力不足が解消するためです。21時に閉店すると言うのは、電力が不足していた時間帯には営業して、そろそろ電力不足が解消する時間に閉店すると言う事になります。節電しても電力不足解消にはほとんど貢献しません。
世の中にはいろんな人がいますから、個人のレベルでは深夜や早朝も節電に努めている人がいるのも(無意味ではあっても)自由ですし、被災者の苦しみを思えば全日本人はあらゆる消費活動を自粛して喪に服するように暮らすべきだと、世にもアホなことを主張する人もいます。主張するだけなら勝手です。しかし、AEONのような優秀な人材を多く抱える企業が的外れな行動をするのは、電力不足解消に寄与しない時間に閉店して一日働いて夜遅く帰ってきた人から買い物する機会を奪うのは、経済的社会的な損失で回避すべきです。

何故AEONはこんなことをしてしまうのか、考えてみました。電力不足解消に意味のある事をするより、客に対して「節電に努力しています」というアピール度の高い行動を選択しているなら、AEONは不誠実だとなります。また、客の多くが実質的に意味のない節電を善行だと評価してくれると思っているなら、AEONは客をバカだと思っていることになります。
あるいは、理由はもう少し違うのかもしれません。つまり、本当に客がバカなのかもしれません。「節電のために深夜営業を自粛するべきだ」という的外れな「ご指摘」をしてくる頭の悪い「お客様」が後を絶たず、そういう連中にはいくら理屈で説明してもわかってもらえないし、ヘタに「深夜営業自粛は電力不足解消に無意味ですからしません」なんて反論した日には「AEONは節電に協力せず夜中に煌々と電気を付けている国賊だ」など、どんな悪評を流されるかわかりません。そうした「お客様対策」の観点から仕方なく、無意味な事は重々承知で、深夜営業自粛に踏み切ったのかもしれません。
客をバカだと思って自粛したのか、バカな客に屈して自粛したのか?。真相はわかりませんが、いずれにせよAEONは真剣に考えた結果閉店時刻を繰り上げているわけではないことになります。

AEON社員各位におかれては、せっかくの優秀な頭を使って、もっと意味のある事をしてほしいと思います。AEONの本気は、「節電の為に21時で閉店します」なんかじゃないはずです。ショッピングセンターが電力需要のオフピークに寄与する方策は何か?。うーん、難しいですね。もし東電側がショッピングセンターの消費電力を時間別に把握できるのであれば、本当はピーク時間帯の電気料金を大幅に引き上げて、その高額な電気料金という条件下で各店舗が自由に工夫すれば良いと思うのですが、価格調整を使えないなら、AEONや7&iが主導して業界全体で一種のカルテルを組んで平等になるように各店舗が週に一日平日に閉店して、電力需給に余裕のある休日に客を誘導するという手もあります。
もう一つ、風評被害に苦しんでいる福島あたりの野菜を是非入荷してもらいたい。福島県産の野菜ですと明記して相場より安く売れば、買う人は買います。私なら格安野菜は大歓迎です。政府が販売を禁止ししている品目だって(安いなら)欲しいです。

3/26追記:同日放送の朝まで生テレビを視聴したところ、深夜の電力需要を節約することには「意味がある」らしいことがわかりました。もし、AEONさんがその点を理解して繰り上げ閉店されているのでしたら、酷い見立てをして申し訳ありませんでした。深夜の電力を節約する意味については、次のエントリーを読んで下さい。